本文へスキップ
官 有謀先生の足もみ魂を継承する「官足法友の会」
官足法友の会
〒150-0041東京都渋谷区神南
1-4-2-404(株)文化創作出版内
電話 03-6825-3511(平日9時〜17時)
認定講師の体験談  平成24(2012)年 第6期生

官有謀先生は、「自信・忍耐・根気」を持って取り組むように言われました。
実際に官足法で健康になるという自信を何から得られたでしょうか?
認定講師の先生方の提出レポートから「自信」についてご紹介します。
(※ 痛みや効果には、個人差があります。)

問い:「自信」―官足法で健康になる
   という自信を何から得られましたか?
坂本 いく子 先生 (神奈川県 川崎市)

  私自身の体験から自信を得ました。

 長年苦しんできた、首と肩のこりが足揉みをしていく途中にふっと気がついたら消えていたことです。それまで、はり治療に通いましたが完治することはありませんでした。

 もうひとつ、足の左指の白濁した爪が剥がれてきれいな爪が生まれてきた時は感動し、それらが,新陳代謝が良くなったという自信につながっていると思います。

(官足法友の会 会報「足と私の健康」2012年12月号掲載)


大咲 元延 先生 (大阪府 大阪市)

 私自身、腎臓結石ができやすいという体質をもっています。

 今までに手術や衝撃波による破砕も経験しました。泌尿器科に行っても、結石を溶かすことも、作らなくすることもできない、ただ水をたくさん飲んで排出するという指導しかありませんでした。

 しかし、官足法で腎臓、輸尿管などの基本ゾーンを痛いけれど我慢してもんでいると、今までに結石が2回排出されました。

 これをやり続けていると、結石が大きくなる前に次々排出され、あの結石特有の痛い思いや手術をしなくて済むと喜んでいます。

 もう一つ、原因はわからないのですが、右の内膝が時々痛くなるという悩みがあります。

 私は趣味で長年合気道をしており、人に指導する際、正座がしにくいのは非常に困っていました。今までに整形外科でテーピングをしてもらったり、鍼灸整骨院で鍼やお灸をしてもらったりしましたが、痛みが取れることはありませんでした。

 しかし、官足法で膝の反射区を押すと痛みがス〜と引いていくのが分かります。即効で治るということではないのですが、さしあたっての痛みが取れるというのは驚きです。

 足もみでどのような病気でも治るとまでは、今現在の自分の経験からいうことはできませんが、少なくとも私が経験した中では、自信をもって官足法を勧めることはできます

 転ばぬ先の杖という言葉があるように、健康なうちに自分の健康を自分で守る手段を持つことは、医療費が高騰している現在、非常に意義のあることだと考えます。


(官足法友の会 会報「足と私の健康」2012年12月号掲載)