本文へスキップ
官 有謀先生の足もみ魂を継承する「官足法友の会」
官足法友の会
〒150-0041東京都渋谷区神南
1-4-2-404(株)文化創作出版内
電話 03-6825-3511(平日9時~17時)
足もみ魂~官先生の言霊~

「器具を上手に使いなさい」

  指導員の皆さんも一生懸命やっているみたいだ。ところが、皆さん手でもんでいる。あんまり頑張ると正直言って倒れるよ。私でしたら、人の足もんであげるのでしたら、最高1 日2人。朝1 人、夕方1 人。僕の言う事聞かないで、一生懸命もんであげて倒れた人いるよ。

 一生懸命やるのはいいが、指導してあげる。ウォークマットの踏み方を教える。全然教えていないようだ。それからスーパーバー(2014年現在の商品名「これいいわ」)の使い方すらわかっていない。やってない。スーパーバーを使えば、足の一番末端から首までできる。これを開発するのに3 年間かかったんだよ。色々考えて、利用して、作って、やっとここまでたどり着いた。そしてアメリカで特許を申請したら、「これは剪定鋏のマネじゃないか」というので、反駁文を出したら、驚いて一度に20年間の特許をくれたよ。

 日本はもっととぼけてるよ。相当苦心して作ったんだよ。苦心したのに、自分の事務所の所長までがわからないんだ。(会場爆笑) ところが僕がアメリカに行って留守番している間、なにか寂しいのかわからないが、スーパーバーで一生懸命やって8㎏やせちゃった。(会場爆笑)

 その原理は、芯までやわらげるということ。足が硬くなる。どこから硬くなる?骨を包んでいる部分が硬くなる。骨に一番接近した所から硬くなる。表面、皮下は硬いように見えて、もめばすぐ柔らかくなる。しかし骨を包んでいる場所が柔らかくならない。いくらやっても健康にならない。足裏はウォークマットを踏めばできるよ。でも踝(くるぶし)の所は?一番硬くなるのは踝の骨の周りなんだよ。

 骨を包んでいる部分はどういう状態かというと、ベーコンのように硬くなっている。さらに膝の周り、膝の裏、手でもむのは大変だよ。手では中々汚れが溶けない。 だから真面目に良心的に人のことを考え、指導してあげる事が大切です。器具の使い方を教えてあげるのは私のためではありません。大衆の事を考えている。お年寄りは力がない。毎日もんであげたらよい。でも、できますか? 時間の問題、経済の問題、相手のことを良く考えてあげなさい。

1999/1/23 指導員研修会にて(当時71歳)