本文へスキップ
官 有謀先生の足もみ魂を継承する「官足法友の会」
官足法友の会
〒150-0041東京都渋谷区神南
1-4-2-404(株)文化創作出版内
電話 03-6825-3511(平日9時~17時)
足もみ魂~官先生の言霊~
自分の健康は自分で守る

 私が提唱する健康法を、皆さん勘違いしないように。自分の健康は自分で守る。

 肩こりのツボ、ここにあるからこうしてやりなさいといわれても、ツボは300 何個もあるよ。300 何個みんな自分でできる?金を払って専門家に任せるしかない。

 20 年前から私にはわかっている。昔の科学の発展していない時代に研究した人は私も尊敬しますよ。ところが近代科学が発達してきている今日に、まだあのツボだけをそのまま使っている。後の世代の人はもっと改良をしてやらなくちゃいけない。

 私の本が出てから10 年位経ってから出た、「○○革命」という本があったでしょう。私の本はあまり宣伝しない。でもあっちの本は宣伝ばかりして300 万部売ったよ。そうして沢山の人からお金を集めてビルを買ってどうなりました?

 私は分かる人だけいらっしゃいと言っている。良さを分かってくれる人に対して徐々に広まった方が結果的にはいい。だからコツコツとやっている。

 自分の健康は自分で守った方が手っ取り早い。人に治してもらうのは金がかかるし、本当に良い医者に出会う事は難しい。人に頼らず自分でやるほうがいい。

 例えば足が悪くてもんでもらう。1 回もんでもらって治りますか?最低限、100 日かかる。1 日5,000 円かかったとしてそれを100 日分もある?確かにある人もある。でも大抵の人はないでしょ。だから自分でやる。でも自分でやるとだらしない。「痛い、痛い」と言う。痛いのを乗り越える、我慢する、その先に健康がある。

 一番最初に私が言った言葉を繰り返して言います。まず根気。次に忍耐強く。それから自信を持て!「俺は健康になる。絶対最後までやり抜く。どんなに痛くても忍耐強く。」これを心に刻んでもらいたい。でもみんな分かっていない。本を読んだだけで実際に毎日やろうとしない。目で見えていても頭で見えていない。「自信、忍耐、根気」この3 つの言葉を忘れないでもらいたい。この健康法は知識と実践が一緒になって初めて効果が出てくる。

1998/7/1 官先生講習会より (官先生 満71歳)