本文へスキップ
官 有謀先生の足もみ魂を継承する「官足法友の会」
官足法友の会
〒150-0041東京都渋谷区神南
1-4-2-404(株)文化創作出版内
電話 03-6825-3511(平日9時〜17時)
官足法とは その2
官足法の目的

自分で足を揉んで健康維持管理をすること。またそのために指導すること。
  
官足法の基本原理

病気を治すにはまず血を治す。
血がきれいになれば病気は自然に治る。
血をきれいにするには循環に頼る。
循環を良くするには足を揉む。

健康法とは

官足法で「難病が奇跡的に治った」という話は確かに興味津々でしょう。しかしそれだけに注目するのではなく、身近な改善、日頃の自然治癒力こそが奇跡的である事に気付くべきでしょう。ひどく疲れても眠れば元気になります。切り傷や風邪などは、何も治療しなくても3日で治癒した経験はありませんか。その奇跡と言える自然治癒力を維持することこそ、健康法であり、将来かかるかもしれない病気も、未然に治してしまう(つまり予防する)究極の治療とも言えるでしょう。

病気になってから病院で高額な医療費を払うより、無料で自分で足を揉む事を日課にしましょう。

毎日足を揉んでいても、死なない人、老化しない人はいませんし、病気も怪我も絶対しなくなるなんてあり得ません。睡眠、食事、適度な運動なども大切です。

食事について

官先生は、食事については、化学物質の添加物が入った人工的な加工食品ではなく、なるべく自然の食材をとるようにと伝え続けて来られました。

「『キレる』若者が増えた原因は、『化学物質』の摂りすぎで『化け物』になったのだ。」

足を揉んで血流を良くして、細胞に酸素と栄養を送るのですから、深い呼吸を心がけ、飲食に注意して、充分な酸素と良質な栄養を取りましょう。
メンタルの問題を抱える人が増えている原因の1つは、浅い呼吸と首のコリによる、脳細胞の酸欠、ジャンクフードや化学物質の取りすぎです。

大自然と人間の健康

官足法は循環を重要視するので、循環の要である「心臓はなぜ動くか?」という官先生の独自の理論があります。宇宙からの波浪が、人体の呼吸、心拍、の源であるというものです。詳しくは本を読んで下さい。
この理論からすると、呼吸はとても重要です。深い呼吸によって大宇宙、大自然から命のエネルギーを受けているのでしょう。睡眠や食事は1日とれなくても生きていられますが、呼吸だけは1日も止められる人はいません。身体が衰弱し呼吸も浅いと、大宇宙、大自然からのエネルギーも受け取れなくなるのでしょう。

人は母なる地球に生かされている。自然に帰ろう。という中国医学的な思想、哲学を官先生も重要視されていました。

バランスと循環

環境破壊による異常気象は大自然からの警告かもしれません。現代の厳しいストレス社会、悪い生活習慣などによる体調不良は「身体の自然治癒力からの警告」ですからしっかり耳を傾けて下さい。大自然の生態系のバランスと循環が維持されてこそ、人間は生きていられます。人間の健康維持もバランスと循環です。西洋医学的な思想では、悪い臓器や器官だけを検査して、パソコン画面の数値で判断している場合が多いようです。中国医学的な思想では、宇宙も人体も、全てがバランス良く循環しながら連動しています。


だからこそ官足法の結論は

「足の先から付け根まで、隙間なく全部柔らかく揉みほぐせ。」