本文へスキップ
官 有謀先生の足もみ魂を継承する「官足法友の会」
官足法友の会
〒150-0041東京都渋谷区神南
1-4-2-404(株)文化創作出版内
電話 03-6825-3511(平日9時~17時)
官先生の遺したもの ~行本会長が語る官有謀先生~
 今年こそ、官足法で生きがいの創造を
 
 私は常々友の会の皆さんには、セミナーなどを通して、人は何のために生きているか、その答えがこの官足法にあることを申し上げてきました。
 「人から人へ、一人でも多くの人にこの素晴らしい健康法である官足法を伝えて欲しい」と言い続けてきました。そうすることで伝えられたあなたのかけがえのない友人や知人が喜びや感謝をあなたに還してくれる。それをまた他の人に伝えてくれる。
 そのことがどれほどの自分の生きがいに繋がっていくか、困っている人、悩んでいる人がいる限りこの無償の行為は永遠の広がりを持って増殖を繰り返します。あなたの一声がいつの間にか知らない人にまで伝わっていくのです。喜びの種をあなたが播いているのです。それこそが、官足法友の会の設立の動機なのです。どうか今年は、いや今年こそあなたの一声がけで官足法を伝えてください。

1「先生との約束」

今年は私がどうしても伝えておきたかった官先生のことを折にふれてこの場所でお伝えしたいと思っています。なぜなら、官足法(官先生の足の健康法)なのに先生に今は誰も会うことも叶いません。そこで先生の本を出版し、先生とともに官足法を広めてきた私が、先生のことは皆さんに伝えることが必要だと判断したからです。

 さて、出版の時、先生と約束したことがあります。それは、1986年8月6日に『足の汚れが万病の原因だった』を出版した時、官先生は「この本はストップが効かない。(広がり続ける)だから日本中の家庭の薬箱の中身を捨ててこのあんま棒と本を入れてもらうことにしよう」という壮大な考えでした。
 もとより「自分の健康は自分で守る」を標榜して出版した本ですから誰にでも解りやすく、すぐに実践できて、しかも効果が高い……そうなると評判にならないはずはありません。たちまち日本中から愛読者カードが山のように届いたのです。その方々が最初の友の会の会員さんでした。その年の12月には第1回の「官足法セミナー」を東京渋谷で開催しました。
 
 平成16(2004)年11月19日に官先生は亡くなられました。今年で10年になりますが、本はストップが効かないで再版を続けています。現在94刷りまで重ねています。長い間出版界にいてこんなに長い間評判を続けてロングセラーになる健康法の本は寡聞にして知りません。

足と私の健康 2014年2月号